ネガティブファイターの歌詞が炎上と言われる理由【Hey! Say! JUMP新曲】 | はらさわ-お役立ち通信

ネガティブファイターの歌詞が炎上と言われる理由【Hey! Say! JUMP新曲】

ジャニーズの人気アイドルグループHey! Say! JUMPの新曲ネガティブファイターについて、一部ネットやYouTubeで歌詞が炎上していると言われています。

そこで、いったいネガティブファイターの歌詞のどこが炎上ポイントなのか?調べてみました。

この記事ではネガティブの歌詞炎上理由について詳しくまとめています。

結論:ネガティブファイターは炎上してない

結論から先にいうと、炎上していません。

YouTubeなどで炎上した理由を解説している動画などがありますが、TwitterなどSNSを追っても全くと言っていいほど炎上したコメントは見られませんでした。

しかし、メンバーやファンの一部Twitterでのコメントから炎上するかもと思われた理由がわかりました。

炎上するかもと言われた理由

その答えはズバリ、歌詞にネガティブな意味を表す言葉が多く使われているからです。

例えば

  • アンチ
  • 勇気なくたっていいじゃん
  • CRY
  • 泣き虫
  • 不安
  • 失敗
  • 好きになれない
  • 弱き
  • 嘆く
  • コンプレックス
  • 劣等感
  • ビビリバビディブー
  • 泣いている
  • 心配そう
  • 怖がってたっていいさ

週刊女性プライムのインタビュー記事ではメンバーも歌詞について触れています。

薮宏太(以下、薮)「言葉の選び方や遊び方に新しいセンスを感じました。すぐに意味がわからなくても、語感がユニークだったり、とてもいいですよね」

 

中島裕翔(以下、中島)「“ネガティブ”とか“アンチ”とかマイナスなイメージのワードを使っているのに、イヤな気持ちにならないのが曲の持つ力であり、面白さ。ネガティブを肯定する応援歌になっています。人間ってネガティブになってしまう瞬間が必ずあると思うけど、ひとりじゃないよ、僕たちも同じ気持ちだから頑張っていこうねっていう曲です」

 

 

有岡「“前を向いて行こう”っていう曲はあるけど、意外と“後ろ向きでもいいじゃん”っていう曲は少ないよね」

引用:Hey!Say! JUMP・中島裕翔&有岡大貴&薮宏太、3人に発覚した“小さな悩み”

実際にどのくらいネガティブのワードが使われているか確認してみます。

ネガティブファイターの歌詞

今日も fight fight fight
アンチビート 勇気なくたっていいじゃん
CRY CRY CRY
泣き虫人生 ネガティブファイター

ねぇなんで不安な顔で 一歩下がって笑っているの?
「だってまた失敗ばかり 自分はやっぱ好きになれないや」

弱気な君が嘆く言葉 全部優しさ裏返し
焦らないで 一歩進もう

今日も fight fight fight
アンチビート 勇気なくたっていいじゃん
CRY CRY CRY
泣き虫人生 ネガティブファイター

pa-pa-pa-pa-pa 切り替えて行くよ
pu-pu-pu-pu-pu 笑い飛ばそう
po-po-poto-poto 涙ふいて
hey! hey! hey! ネガティブファイター

“朝寝坊だとか臆病だとか 何もない道で転んじゃう”
コンプレックス no! コンプレッサー 失敗だけを見つめちゃ NG (NG!)
ぴえん超えてぱおんなんて言ってる暇ねぇぞ ほらこっち来いよ
劣等感は輝ける予兆 主張もって踊りあうビート!

見えないことに気づける 君の優しいその瞳
道端に咲く 花のようだね

今日も fight fight fight
アンチヒーロー 怖がってたっていい
CRY CRY CRY
弱虫なまま ネガティブファイター

pa-pa-pa-pa-pa 切り替えて行くよ
pu-pu-pu-pu-pu 笑い飛ばそう
po-po-poto-poto 涙ふいて
hey! hey! hey! ネガティブファイター

あーもう無理ってなったら この呪文を一緒に唱えましょう
ビビリバビディブー ビビリバビディブー ビビリバビディブー
ビビリバビディブー

またわたしなんかと泣いてる? 顔をあげて見てみてよ
心配そうに見つめてる 大事な人

今日も fight fight fight
アンチビート 勇気なくたっていいじゃん
CRY CRY CRY
泣き虫人生 ネガティブファイター

fight fight fight
アンチヒーロー 怖がってたっていい
CRY CRY CRY
君は大丈夫 ネガティブファイター

pa-pa-pa-pa-pa 切り替えて行くよ
pu-pu-pu-pu-pu 笑い飛ばそう
po-po-poto-poto 涙ふいて
hey! hey! hey! ネガティブファイター

進め ネガティブファイター

曲のコンセプトはネガティブを肯定する応援歌

先ほど紹介したメンバーの記事にもある通り、ネガティブなマイナスイメージの言葉を使っているけど、実際は応援している、励ましている曲です。

「初めて聞いた時は大丈夫かと思ったけどポジティブになった」とか「ポジティブなだけの曲が嫌いだった」

などむしろネガティブファイターを評価しているコメントも多いです。

まとめ

Hey! Say! JUMPの新曲ネガティブファイターですが、歌詞が炎上と言われる理由はネガティブワードが多く使われているためでしした。

しかし、実際には炎上していません!

インタビュー記事の中で中島裕翔さんはネガティブファイターについて

「最近また流行っているシティポップじゃないですけど、どこか懐かしさもあるメロディーでありながら歌詞は新しいし、振り付けもすごくキャッチーで、冒頭のマッスルダンスも印象的。最初からギアがポンと上がる明るさとかわいさがあるんですよ。元気の押し売りにならない、いろいろな要素をまぜ合わせた化学反応がいいなと思います」

と言っています。

懐かしさもあるメロディーということで、耳に残り、元気になる楽しい曲です。

メンバーが笑顔でダンスをしているのも印象的です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です