おいげん【着飾る恋】星野源『不思議』がかかる名場面まとめ | はらさわ-お役立ち通信

おいげん【着飾る恋】星野源『不思議』がかかる名場面まとめ

TBS火曜よる10時枠ドラマ『着飾る恋には理由があって』。

 

川口春奈さんと横浜流星さんなど演技派の俳優さんが集まったラブコメですが、ファンの間では“おいげん”というワードが毎回話題になります。

 

ドラマ主題歌『不思議』を歌う星野源さん本人も“おいげん”について触れています。

しかし、“おいげん”というワードを初めて聞いた人にとってどんな意味なのか?全く分からない人も多いと思います。

 

この記事では“おいげん”って何⁉という初心者の方から

コアな流星群(横浜流星さんのファンの愛称)の方まで

 

『着飾る恋には理由があって』の“おいげん”の基礎や“おいげん名シーン”を詳しく解説します。

 

この記事でお伝えすること

  • おいげんの意味
  • おいげん前の『不思議』名場面
  • おいげんのタイミングと名シーン

おいげんとは

おいげん(追い源)とは、ドラマのラストに星野源さんが歌う番組主題歌『不思議』がもう一度かかることを指します。

各回の最も盛り上がるポイントで流れるのが特徴です。

 

“おいげん”を流すタイミングについては公式アカウントに記されています。

「おいげん」をどこからかけるかは、毎回悩みます。編集の時に、かけるタイミングを試して、どう聞こえるか?どうみえるか?を話し合って決めています。

“おいげん”がかかる時間帯

1回目『不思議』⇒ラスト5分

 

2回目“おいげん” ⇒ラスト1分

 

※第10話 最終回のみ例外

おいげんの由来

2021年5月25日第6話放送前に『着飾る恋には理由があって』公式Twitterによってツイートされた内容が由来です。

 

スタッフさんやキャストの皆さんで使われていた用語が一般的に知られるようになった瞬間ですね。

 

楽しみだぁ💛💛

ちなみに、主題歌がラストにもう一度かかることを、スタッフキャストの間では「おいげん」と呼ばれています

https://twitter.com/kikazarukoi_tbs/status/1397021036059643906

おいげんの語源

おいげん(追い源)の語源は“追いがけ”

「追い鰹」や「追いソース」「追い醤油」「追いチーズ」など

最後に改めて追加する行為に由来しています。

 

そこから星野 “源” さんの『不思議』を

 

“追いがけ=もう1回曲をかける” ことにリンクさせています。

 

注意
『おげんさんといっしょ』とは違う

『おげんさんといっしょ』とは星野源さんが務めるNHKの音楽トーク番組名です。

 

初の冠番組で星野源さんが「おげんさん」というお母さん役のキャラクターに扮し、

おげんさんファミリーなど出演者と原則生放送でセッション等します。

 

したがって『着飾る恋には理由があって』の“おいげん”とは関係ありません。

おいげん前!1回目の『不思議』がかかる名場面

“おいげん”とは、ラストにもう1回『不思議』がかかることを指すので、当然最初に曲がかかるシーンがあります。

最初にかかる『不思議』は曲の冒頭から流れます。

 

※時間はParavi放送にてラスト何分何秒前かを表示しています。

例 第1話 時間 ラスト-1:11 → 第1話終了の1分11秒前

第1話 時間 ラスト-5:49

 

くるみが駿のカレーを“美味しい”と言って涙を流して食べたシーン

 

 

第2話 時間 ラスト-5:27

 

くるみがインスタにあげる写真は自分が好きで撮ってたことに気付いたシーン

 

 

第3話 時間 ラスト-4:42

 

駿が夢にくるみが出てくることを伝えると「私のこと好きなのかもねぇ」というシーン

 

 

第4話 時間 ラスト-4:40

 

羽瀬ちゃんがみんなの前で妊娠検査薬の結果が陰性とわかり語るシーン

 

 

第5話 時間 ラスト-5:02

 

駿が車から身を乗り出してくるみとキスするシーン

 

 

第6話 時間 ラスト-3:58

 

駿がくるみに葉山社長が好意を持っていることを伝えるシーン

 

 

第7話 時間 ラスト-4:30

 

くるみの母が「がんばれくるみ!」と応援するフェリーでの別れのシーン

 

 

第8話 時間 ラスト-4:00

 

葉山社長がくるみと一緒にレストランに行っていいか香子さんと電話するシーン

 

 

第9話 時間 ラスト-3:45

 

くるみが葉山社長に今どこにいるかLINEをするシーン

 

 

第10話 最終回

 

1回目 時間 ラスト-32:33

 

駿とくるみがそれぞれ自分の進む道を伝え合うシーン

 

 

2回目 時間 ラスト-4:55

 

くるみが見つけたライトがインスタで拡散されたシーン

 

おいげんはサイドB直前にかかる

サイドBとは

サイドBとは主人公真柴くるみ目線ではなく、藤野駿(横浜流星)目線、感情を表したラストにあるシーン。

 

これをサイドBといいます。

 

『着飾る恋には理由があって』は基本的に主人公である真柴くるみ(川口春奈)目線で描かれています。

 

インフルエンサー、着飾りガールのくるみが価値観の全く異なる人々が集まるシェアハウスに一緒に暮らすことで、変わっていくストーリーです。

 

しかし、駿(横浜流星)目線であるサイドBを入れることで、恋の相手の気持ちが分かるようになっています。

 

おいげんで流れるのは『不思議』の歌詞中盤

おいげんで流れるのは『不思議』の歌詞中盤にある以下の部分です。

遺らぬ言葉の中に
こぼれる記憶の中に
僕らはいつも居た

「遺(のこ)らぬ言葉の中に」という歌詞に入る直前に一拍、間があくので

“おいげん”が流れるシーンは強調されて、ぐぐぐっと盛り上がります。

 

おいげんがかかるタイミング&名シーン

※時間はParavi放送にてラスト何分何秒前かを表示しています。

例 第1話 時間 ラスト-1:11 → 第1話終了の1分11秒前

第1話 時間 ラスト-1:11

 

朝、出社途中のくるみとこうじを散歩させている駿が出会うシーン

 

 

第2話 時間 ラスト-1:04

 

くるみが行方不明になった葉山社長にラインを送るシーン

 

 

第3話 時間 ラスト-1:00

 

キャンプ場にて朝、くるみが駿の寝顔を見たシーン

 

 

第4話 時間 ラスト-1:02

 

葉山社長がくるみにラインを送ろうとして止めるシーン

 

 

第5話 時間 ラスト-1:08

 

駿が部屋で目覚めると隣に葉山社長が寝てたシーン

 

 

第6話 時間 ラスト-1:07

 

朝、駿がこうじと散歩中に初島に帰るくるみを見送るシーン

 

 

第7話 時間 ラスト-1:01

 

駿のキッチンカーに元カノ葉菜が現れたシーン

 

 

第8話 時間 ラスト-1:08

 

駿が「くるみ!」と叫ぶもくるみと葉山社長が出会ってしまうシーン

 

 

第9話 時間 ラスト-1:03

 

葉山社長が泣くくるみを抱擁するシーン

 

 

第10話 最終回 時間 ラスト-1:42

 

駿が急ブレーキを踏んで止まるシーン

 

第8話のおいげん!駿(横浜流星)VS葉山社長(向井理)が激アツ

第1話から“おいげん”はあったのですが、初めて“おいげん”というワードが世間に知られるようになったは、

 

先ほど由来のところで紹介した第6話放送前の公式ツイッターによります。

 

そのため、視聴者がツイッターで“おいげん”を使うようになったのも第6話以降です。

 

そして、特に“おいげん”が注目されたのが第8話です。

 

藤野駿(横浜流星)と葉山祥吾社長(向井理)が真柴くるみ(川口春奈)の元へ全力で駆けつけるシーンなのですが、

ツイッターでは

  • 星野源を背負った
  • 星野源チャレンジ
  • 星野源争奪戦

など、“おいげんがかかる(=『不思議』の中盤が流れる)”ところで、ファンが盛り上がりました。

 

第8話ラスト一部ネタバレあり

くるみと駿は香子さんの友人がやっている那須塩原のフレンチレストランへデートに行く約束をしていました。

 

しかし、当日駿は仕事のため待ち合わせの時間までに帰宅できませんでした。

 

 

駿の帰りを待つくるみの元に、葉山社長から電話がきます。

 

 

駿が帰って来てないことを知った葉山社長は、くるみと一緒にフレンチレストランへ行くために全力で走り出します。

 

 

一方、駿も全力疾走でくるみの元に駆け付けようとするのですが、あと一歩のところで葉山社長に競り負けてしまいます。。

 

着飾る恋の主題歌:星野源『不思議』

星野源『不思議』歌詞

作詞:星野源
作曲:星野源
発売日:2021年4月27日

君と出会った この水の中で
手を繋いだら 息をしていた
ただそう思った

 

 

彷徨う心で 額合わせ

口づけした 正座のまま
ただそっと笑った

 

 

希望あふれた この檻の中で
理由もない 恋がそこにあるまま
ただ貴方だった

 

 

幼い頃の記憶 今夜食べたいもの
何もかもが違う

なのになぜ側に居たいの

他人だけにあるもの

 

 

“好き”を持った日々を ありのままで
文字にできるなら 気が済むのにな

まだ やだ 遠く 脆い

愛に足る想い

瞳にいま 宿り出す

 

 

きらきらはしゃぐ この地獄の中で

仕様のない身体 抱き締め合った

赤子に戻って

 

 

躓いて笑う日も 涙の乾杯も

命込めて目指す

やがて同じ場所で眠る

他人だけの不思議を

 

 

“好き”を持ったことで 仮の笑みで

日々を踏みしめて 歩けるようにさ

孤独の側にある

勇気に足るもの

 

 

遺らぬ言葉の中に

こぼれる記憶の中に

僕らはいつも居た

 

 

“好き”を持った日々を ありのままで
文字にできるなら 気が済むのにな

まだ やだ 遠く 脆い

愛に似た強い

 

 

君を想った日々を すべて

乗せて届くように詰め込んだ歌

孤独の側にいる

愛に足る想い

二人をいま 歩き出す

 

 

おいげんへのこだわり

プロデューサーの新井順子さんへのインタビュー記事にて“おいげん”へのこだわりについて以下のように述べられています。

初回から決められていたのか?の問いに対し、

編集の時点で、ここから始めてここで終わる、ここからかけ直すというのを決めていました。終盤をどう盛り上げようか、となったとき、1回主題歌を終わらせることにしました。加えて、サイドBの曲はどうしようかと、いろいろ考えている中で、跨いじゃったほうが盛り上がるなと。一度終えた主題歌を再度流して、予告からサイドBにかけるようにしました。その時は、誰も「追い源」とは言っていませんでしたが、誰かが後に「追い源」と名付けました。

また、誰から“おいげん”がスタートするかは重要ポイントだそうで、キャストの皆さんも気にしていると記されています。

まとめ:“おいげん”で泣ける『着飾る恋には理由があって』は絶対おすすめ!

おいげんとは

ラストに星野源さんの『不思議』がもう一度かかること

“おいげん”について意味から名場面、タイミングまで詳しく解説してきました。

 

『着飾る恋には理由があって』は横浜流星さんがブレイクした『初めて恋をした日に読む話』と同じ、TBS火曜10時枠のテッパンラブストーリーです。

 

今回は、『恋はつづくよどこまでも』等多くのヒット作を生んだ脚本家、金子ありささんによる完全オリジナルストーリーで、『Nのために』等をプロデュースした新井順子さん、同作品を演出した塚原あゆ子さんが制作に携わっています。

 

主演の川口春奈さんが見せた9話の泣きのお芝居や切ない表情をさせたら前に出る人はいない横浜流星さん、包容力のある大人の青年実業家を演じる向井理さん

 

お兄ちゃん的な優しく見守るカウンセラーを演じる丸山隆平さん、気難しくて繊細なアーティストの卵を演じる中村アンさん

みんなのお母さん的な存在でありながら可愛らしい天然の早乙女香子を演じる夏川結衣さん、変人だけど元妻を愛する小林礼史を演じる生瀬勝久さん

 

その他、山本美月さん(茅野七海)、高橋文哉さん(秋葉亮)、飯尾和樹さん(松下宏太郎)など、素晴らしいキャストのみなさんによるドラマです。

 

そして、このドラマのために書き下ろした星野源さんの『不思議』による“おいげん効果”によって、感情が揺さぶられ泣けます。

ぜひすでに1回見た方は、“おいげん”シーンに注目してもう一度見返してください。

◆期間限定ダイジェスト◆

そしてまだ、今作品を見たことがない方はParaviにて見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です