横浜流星が紫好きなのはなぜ?理由をファンが徹底解説! | はらさわ-お役立ち通信

横浜流星が紫好きなのはなぜ?理由をファンが徹底解説!

横浜流星さんのファンにとってご本人が“紫好き”なことは全員知っているのですが、そうではない人にとってはなぜ紫好きなのか?分からない人も多いと思います。

2019年にTBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』でピンク髪の不良高校生役、“ゆりゆり”にてブレイクし、この作品をきっかけにファンになった方も多いです。

この記事では最近ファンになったけどまだ横浜流星さんについてよく知らない人のために、なぜ紫好きなのか?について理由や紫色との関わりについても詳しく解説します。

尚、この記事では“横浜流星”と記載している部分がありますが、読みやすさを考慮し敬称を略しています。

横浜流星が紫色が好きなワケ

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜流星(@ryuseiyokohama_official)がシェアした投稿

紫色が好きな理由について過去にご本人がインタビュー等で述べています。

それによると、「紫色は昔から好きな色でなぜか心が落ち着き身に着けていたいと思う」「なぜか目がいく」そうです。

横浜さん自身もなぜか分からないけど紫色が好きなんですね。

紫色にも色々ありますが、「赤紫も青紫もどっちも好き」とも仰っています。

実は紫色には精神的に落ち着きを与える癒し効果があると言われています。

横浜さんもわからないなぜか?の理由は紫色が持つ癒し効果なのかもしれません。

横浜流星と紫色との関わり

NARSで紫のアイシャドウ

横浜流星さんは2020年ニューヨーク発祥の化粧品ブランド「NARS」の日本限定コレクションモデルに選ばれています。

広告用の撮影にてアイシャドウをされているのですが、紫好きということでパープルが使われました。

小顔で彫刻のようなきれいなお顔立ちにパープルが映え、男の色気を感じますね。

写真集やカレンダーで紫色が多用

横浜流星さんは2014年と2019年に写真集を出していますが、2019年に発売された「流麗」では表紙だけでなく紫系の色が多く使われています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜流星(@ryuseiyokohama_official)がシェアした投稿

全身紫色の衣装

2020年のカレンダーでも衣装や背景に紫色を使用しており、これについてご本人は以下のようにコメントされています。

「僕は紫色が好きで、(この写真は)全身紫色の衣装で、背景にも紫色を入れてもらったりして。この写真が一番のお気に入り」

“この写真”というのはこちらです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜流星(@ryuseiyokohama_official)がシェアした投稿

映画『虹色デイズ』のPRで紫の衣装多めだった

映画『虹色デイズ』のPRではほとんど紫色の衣装を着ていたとご本人が仰るほど紫好きです。

『虹色デイズ』は別冊マーガレットにて2017年4月号まで連載されていた水野美波さん原作の少女漫画です。

テレビアニメでも放送されましたが、2018年実写映画化されGENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於さん、中川大志さん、高杉真宙さんらと共に片倉恵一役で出演されました。

実際に映画のPRにて紫色のインナーを着られていますね。

これだけではなく紫色の柄シャツも着ています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜流星(@ryuseiyokohama_official)がシェアした投稿

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』のゆりゆりのパーカー

横浜流星さんを一躍有名にした作品と言えば何といっても『初めて恋をした日に読む話』です。

深田恭子さん演じる塾講師、春見順子と横浜流星さん演じる不良高校生、由利匡平こと“ゆりゆり”の恋愛ストーリーです。

ゆりゆりは高校生なので基本学ランを着ているのですが、受験シーズンの冬のシーンでは学ランの中にパーカーを着ています。

そのパーカーも白だったりグレーだったりブルーだったりいくつかパターンがあるのですが、受験前後では淡いパープルのパーカーを着ています。

ファンの中でもこの衣装の組み合わせが好きな方も多く、待ち受けやSNSのアイコンに使っている人も多いです。

横浜流星さんがこの時の写真をインスタで挙げて下さっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜流星(@ryuseiyokohama_official)がシェアした投稿

紫色の花束

横浜流星さんが紫好きということは関係者の中でも広く知られているため、イベントなどで贈答される花束の色には必ずと言っていいほど紫色が使われています。

2020年カレンダー発売記念イベントでは翌日が当時23歳の誕生日だったため、サプライズで紫色23本のバラの花束が贈られています。

また2020年に公開された映画『きみの瞳が問いかけている』の大ヒット御礼舞台挨拶では流星さんが持っている花束も紫色の花がたくさん使われています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜流星(@ryuseiyokohama_official)がシェアした投稿

私物も紫色が多い

  • カーペット
  • キーケース
  • 財布

当然ですが、横浜流星さんは私物も紫色が多いと公言されています。

自宅のカーペットの色は紫だとか!

そして紫好きなのは有名ですが、実は黒も好きでいらっしゃいます。

なので、紫×黒の組み合わせがお好きだとのこと。

キーケースとお財布は外は黒だけど中は紫のものだそうですよ。

名前に紫が入る友人!平野紫耀と仲が良い

横浜流星さんの芸能界のお友達にキンプリの平野紫耀さんがいらっしゃいます。

そう、名前に流星さんが好きな紫色が入るという奇跡の友人です!

俳優の横浜流星さんとアイドルの平野紫耀さんって全然タイプが違うように感じますよね?

この2人が仲良しになったきっかけについては以下の記事をご覧ください。

>>平野紫耀と横浜流星が仲良しになったきっかけと理由

ファンが紫色のハートを使うワケ

横浜流星さんのファンのことを“流星群(りゅうせいぐん)”と呼ぶのですが、ファンの方のツイッターやインスタなどを見ると以下のように紫色のハートマークが多用されています。

なぜ紫色のハートが使われているのか?不思議に思う方も多いと思います。

なぜ多様されるのか?というともちろん横浜流星さん本人が紫好きなことを知っているからです。

推している芸能人の好きな色を自分も共有したいという意識ってありますよね。

そのため、流星さんのファンは紫色のものを見ると購入したくなったり、実際に収集している方は多いです。

例えばこちら。

“流星”という名前のお箸で小さいな星がちりばめられています。

こういうのを見るとファンは買いたくなります。

 

まとめ

なぜ横浜流星さんが紫好きなのか?についてまとめてきました。

ご存知のように紫色は高貴な色としてお坊さんが着る袈裟(けさ)や茶道具の袱紗(ふくさ)、風呂敷なども使われています。

一般的に紫は女性が好む色で男性は青とか黒、黄色、オレンジなどを好むと言われています。

そのため横浜流星さんのように紫を好む男性は少なく希少です。

ですが、流星さんは紫好きと公言するだけあり、自分のイメージカラーに定着させました。

流星さん自身も自分が紫好きなことをファンが知っていることはご存じなので、紫色のグッズは絶対売れます(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です