川口春奈-帰蝶の評判!演技力が高くてうまいと賞賛される理由 | はらさわ-お役立ち通信

川口春奈-帰蝶の評判!演技力が高くてうまいと賞賛される理由

現在放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信長(染谷将太さん)の妻、帰蝶役を演じている女優の川口春奈さん。

ご存知のように当初の帰蝶のキャストは沢尻エリカさんでしたが、あの一見により急遽代役として立てられたのが川口春奈さんです。

沢尻エリカさんの代表作といえば映画「パッチギ!」や「ヘルタースケルター」など思い浮かべられる人も多いかと思いますが、川口春奈さんの代表作はなに?と聞かれると漫画、アニメ、ゲーム好きの方やファン以外の方はなかなか答えられないかもしれません。

映画・ドラマ「桜蘭高校ホスト部」「ヤンキー君とメガネちゃん」など代表的な作品に出演されています。

もちろん沢尻エリカさんと比較して年齢的にも10歳近く若いためキャリア面においても平等に比較すること出来ません。

ですが、当初の心配をよそに「麒麟がくる」での演技力の高さが賞賛されています。

この記事では川口春奈さんの「麒麟がくる」帰蝶役の演技力や賞賛される理由について考察していきたいと思います。

川口春奈の演技力についてネット上の評判

さて、毎週日曜日に楽しみにしている方も多いと思いますが、ネット上には川口春奈さんの帰蝶のお芝居についてどのような反応があるのか拾ってみました。

良すぎる!たしかに!!

後で解説しますが、こちらは私も川口春奈さんが帰蝶役で本当に良かったと思うシーン。

そう、ほんとにこれはそうで確かに沢尻エリカさんは濃姫の役として王道な適役だったかもしれない。

しかし、今までの濃姫のパブリックイメージとのギャップが川口春奈さんで本当に良かったと思います。

川口春奈の存在感!大河ドラマ好きの私が選ぶ帰蝶の名シーン

織田家信長に嫁ぐことを決心するシーン(第8話 同盟のゆくえ)

織田家との和睦の条件として嫡男信長と結婚をしなければならない状況にて、恋心を抱いている明智光秀に、“うつけ”と噂されていた信長という男がいったどんな男なのか調べてきて欲しいと伝えます。

「尾張へ行かれるのがよろしかろう」と信長に嫁ぐべきだという光秀の申し出に対し、

「申したな。」

「他ならぬ十兵衛がそう申すのじゃ。 是非もなかろう。」

帰蝶は13歳なのですが、父のいうままに織田家へ嫁ぐことに反抗しています。

光秀とは母方の従兄弟関係にあるのですが、好意を持っている光秀がそのように言うなら、そうしましょう。と決心するシーンです。

恋心を抱く幼い姫が毅然とした態度で嫁ぐ、切なさや不安を好演されています。

私などは書いているだけで泣けてきます、、、(´;ω;`)ウッ…

伊呂波太夫に金を積むシーン(第13回 帰蝶のはかりごと)

尾野真千子さん演じる伊呂波太夫(いろはたゆう)に面前でお金を積むから兵をいくらでも集めろというシーン。

夫、信長と父斎藤道三(利政)が会うのに際し、父に舐められないよう夫に兵力があること示すため、兵力を集められるという謎の旅芸人一座の女座長、伊呂波太夫に面会します。

最初、高くつきますよといって伊呂波太夫は見向きもしないのですが、お金が入った巾着をドスン、ドスン、と1つずつ面前で落としていきます。

実際の中身は砂なのですが、帰蝶のその場を楽しむようなえげつない表情を見事演じられています。

帰蝶(きちょう)って実物はどんな人?

帰蝶とは戦国時代~安土桃山時代、美濃国(現在の岐阜県)の戦国大名であった斎藤道三(利政)の娘で、織田信長の正室とされている人物です。

濃姫(のうひめ)ともいます。

“美濃の姫”だから濃姫と呼ばれているのですが、これも後世になってからの呼称です。

実際どのような人だったのか詳しい資料が残っていないため、ほとんど歴史ドラマの中の描かれ方は創作によるものです。

大河ドラマを始めとした濃姫のイメージは腹黒い父、蝮の道三(まむしのどうさん)と呼ばれた斎藤道三の性格を受け継ぎ、気性の荒い信長を支えたというこれまた作られたイメージにより、強くて賢い女性として描かれています。

本能寺の変を描くドラマでは信長と共に覚悟を決めるシーンなどが有名です。

そのためか濃姫役に選ばれる女優さんも柴咲コウさんや斉藤由貴さん、小雪さんなど個性的で頭が良く芯が強いイメージの方が演じられることが多いです。

川口春奈の演技力がうまい!と高く評価されているワケ

今まで必ずしも広く一般的に演技力で抜群の評価をされていたわけではなかった川口春奈さんですが、帰蝶役によって今まで彼女の存在を知らなかった大河ドラマを見ている50代、60代、70代以降の層からも、その演技力を高く評価されるようになっています。

特に帰蝶という人物は先程も言ったように、父である蝮の道三(まむしのどうさん)と呼ばれた斎藤道三の性格を受け継ぎ、気性の荒い信長を支えたというこれまた作られたイメージにより、強くて賢い女性として描かれています。

とても可愛らしい顔をした川口春奈さんが、本当は恐ろしい女性である帰蝶を演じられているギャップが高評価に繋がっているのだと思います。

例えばこのシーン。第18回「越前へ」では帰蝶は信長の弟信勝を亡き者にするきっかけを作ります。

この方もおっしゃっているように一番の策略家です。

この川口春奈さんの表情、見てください!

グラビアを含め大河ドラマに出るずっと前から知っているファンの方からすれば、あの可愛さだけでなく、元気で透き通った雰囲気などどれを取っても素敵なのですが、今まで幅広い年代の層から認知される機会が少なかったのかもしれません。

2020年4月4日からは日本テレビのスポーツ番組Going!Sports&Newsの10周年スペシャルキャスターを務めており、オジサン世代にも人気が上がっています。

川口春奈さんのプロフィール

本名:川口春奈

 

愛称:ハルル、はーちゃん

 

生年月日:1995年2月10日(25歳)

 

出生地:長崎県五島市

 

身長:166㎝

 

血液型:O型

 

趣味:海釣り

 

所属事務所:研音

 

活動期間:2007年~

 

主な出演作品

 

ドラマ

  • 「桜蘭高校ホスト部」
  • 「GTO」
  • 「金田一少年の事件簿N」
  • 「探偵の探偵」
  • 「ヒモメン」
  • 「イノセンス冤罪弁護士」
  • 「麒麟がくる」

映画

  • 「映画 桜蘭高校ホスト部」
  • 「好きっていいなよ。」
  • 「にがくてあまい」
  • 「一週間フレンズ。」

まとめ

NHK大河ドラマにて信長の妻、帰蝶役でお芝居が高く評価されている川口春奈さん。

所属事務所の研音には財前直見さん、天海祐希さん、榮倉奈々さん、唐沢寿明さん、反町隆史さん、福士蒼汰さんなど人気俳優さんが多くいらっしゃいます。

川口春奈さんは中学生の頃からファッション雑誌「ニコラ」当時から人気モデルとして活躍されていました。

「ニコラ」モデル出身の女優さんは多く、先輩には「逃げるは勝ちだが役に立つ」や「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命」「空飛ぶ広報室」等多くのドラマや映画で活躍されている新垣結衣さんや

「初めて恋をした日に読む話」や「あなたの番です。」「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」で好演された横浜流星さんなどいまをときめく俳優さんらがいます。

後輩には朝の連続小説ドラマ「半分、青い。」で主演の有村架純さんの同僚役を演じ永野芽郁さんがいらっしゃいます。

そのような人気俳優さんの登竜門を通ってきた川口春奈さんなので、この「麒麟がくる」をきっかけとしてこれからも幅広い世代から愛される大女優さんになられることを願ってやみません。

2 COMMENTS

根本清治

担当者様
川口春奈さんにより沿った大変深い考察に引き付けられました。
「他ならぬ十兵衛がそう申すのじゃ。是非もなかろう。」の場面について、私などは書いているだけ泣けてきます。とあって、ここ読んだ時に、なんと71歳の老人も泣きました。川口さんの「透き通った」演技は、唐突ながら、私には能の芝居を想起させる。ひょっとしたら彼女の天性の能力が僅かに垣間見えたのかもしれない。2週間ほど前に放送された「美濃の鷺山の麓で暮らしてみようかと思う。」と光秀に告げる場面は、この抑制された演技のまさに真骨頂ではないかと思わせます。脚本がよい。光秀と帰蝶の報われぬ恋が、もう少しで終わってしまう。残念です。

返信する
hara

当サイト編集部 担当 山神です。
大変貴重なコメントありがとうございました。

安土城から去るシーンの川口春奈さんのお芝居ですね。
帰蝶という役を演じているのではなく、帰蝶としてそこに居る。
ドラマ内ではまさに帰蝶として生きているからこそ、あのような
素晴らしい演技に繋がっていると思います。

ドラマも残り数回、とても寂しいですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です